読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一緒にお散歩。

まったり不定期更新~楽しいことも辛いことも沢山歩いていたら遭遇するでしょ

人気者

この間17日に祖母が亡くなりました。

本当に急に亡くなったのです。

祖父が14日までデイサービスに送り迎えしに行っていたと聞いて

悲しくなりました。

 

その少し前にちょっと様子が変だとは母づてですが聞いていて

近々会いに行こうかな?と考えていた矢先でした

4時か5時頃母と姉が話しているのがふっと耳に入ってきて目が覚めました

1時ごろに息を引き取ったと…

 

なんだか聞いちゃいけない

夢なんじゃないかって何度も目をつぶって寝直そうと心見たものの

全く寝れなくなってしまい6時ごろ起きた時に父から話を聞きました

 

聞いた瞬間すぐには理解できなくて

一日中夢の中にいるような感覚でぼーっと何も手につかない頭に入ってこない

でも仕事はあるから身体だけは動いている状態で

現実味がなくて泣くことも出来なかったです

 

 

20、21日と通夜と告別式に参列してきました

20日早めに祖父の待つ家に行くと祖母の優しい眠ったような姿を見ました

そこから初めて「あぁ…もう会えないんだ」って少しずつですが実感して

心がざわついてきました

 

葬儀屋の方が出棺しに来るとき

ご近所の方が祖母を見送りにわざわざ家まで来て下さってました

その数が30人?もっとかな…?

祖母は昔から明るく元気で町内会の会長だったり社交ダンスもしていたので

その友人だったりと交流親交の多い方でした。

その光景を見て祖母は本当に人気者ですごいなぁって思ったのと

純粋に孫として嬉しかったです

 

 

私は祖母に手紙を書きました

生前祖母も定期的に手紙をくれる方でした

ここ数年は病気のこともありやりとりはなかったのですが

私はしばらく会えていなかった後悔と今までの感謝の気持ちを

手紙に込めました

 

不思議なことに何の打ち合わせもしてないですが

母も姉も、そしてあまりそういうことをしようとしない父までもが

手紙を書いてきたそうです

ということは我が家は皆祖母へ手紙を書いた家族だったということです

こういう時は気持ちが通じ合うものなんでしょうか…不思議です

 

 

 

お別れして数日が経ちます

沢山泣きもしましたが、やっぱりすぐには気持ちの整理はできないものです

身近で母が一番つらそう

でもなんて声掛けていいのか分からなくて、ただその場にいるだけになってしまう

 

 

10年前の祖母と一緒に出掛けた写真を見つけました

2、3年前に祖母の家へ泊りに行ったことも思い出しました

祖母の作ってくれた美味しいご飯もたくさんあります

色々教えてくれていっぱい思い出をくれました

 

祖母のこと大好きでした

天国で明るく元気な声と笑顔でまた名前を呼んでくれるんじゃないかって

そんな気がします

 

 

今までお疲れさま

そしてありがとう

 

ちゃんと伝わっているといいなぁ